アルバイトの採用時の面接では、いろいろなことを聞かれます。それを二つに分類すると、その人の人柄に関係する質問と、仕事に合った人材か調べる質問の二種類になります。どちらの質問も大切なので、大きな声ではきはきと答えるようにしましょう。接客のアルバイトだったら、特に質問に対する答え方が大切です。人を相手にする仕事なので、他人とのコミュニケーションがスムーズにできる人でなければ、採用されません。アルバイトの採用時の面接の場合は少ないのですが、こちらが腹を立てるようなことを質問されることがあります。そんな場合は感情的にならずに、冷静に話すようにしましょう。面接をする人は、怒らせようと思っているのではなく、その人の人柄を見極めようしているのです。

志望の理由は必ず聞かれるので、考えておく

アルバイトの面接のときは、志望の理由を必ず聞かれます。受ける前にそれを考えておきましょう。いろいろな答え方がありますが、自分の経験を生かしたいという理由は、高く評価される傾向にあります。例えば、ファミリーレストランでバイトをして経験のある人が、ホテルの食堂の仕事に申し込んだとします。その時は、以前のファミリーレストランでの経験を生かしたいと言えば、採用される可能性が高くなります。アルバイトだったら、お金を稼ぎたいという理由でも認められることが多いです。ただし、家庭教師や塾講師のような教える仕事だったら、それは避けた方が良いでしょう。建築現場でのアルバイトのように体を使う仕事だったら、健康状態のことを質問されます。その場合は健康ですと答えないと、採用されません。以前病気だったことがあっても、今は元気だったら、健康状態には問題がありません、と言いましょう。

質問には的確に答えるようにしよう

面接の質問は、あなたの人柄を見るためのものです。短い時間の間に人柄を見抜くのは簡単ではありませんが、面接の経験の豊富な人だったら、それが可能です。質問されたことには、正確に答えるようにしましょう。それは常識的なことですが、緊張しているので困難になることがあります。正確に答えなかったら、人づきあいが下手な人だと判断されます。仕事がハードな職場だったら、厳しいことを言われる場合もあります。例えば、あなたはこの仕事に全く向かないように見えると言われることもあります。そんな風に言われた時は、パニック状態にならないことが必要です。冷静に受け答えしましょう。たとえ向かないと判断されても、バイトなので気軽に別の仕事を探せます。あなたの冷静さを調べるために、そんなことを言う場合もあります。