アルバイトの採用面接を受けるときには、笑顔は大きな武器となりますから悪印象を与えない程度に笑顔を振りまくと採用してもらいやすくなります。
業種にもよるので全てが全てにこにこしていた方がいいとは限りませんが、少なくとも仏頂面をしているよりはずっとましだといえます。
大事なことはメリハリであり、笑顔は相手に好感をもたれやすいといっても常に笑顔であればヘラヘラした人間だという印象を持たれてしまう可能性がありますから、常ににこにこしているのがいいとは限らないので質問の内容などに応じて真剣な表情と組み合わせていくのが良いでしょう。
基本的にはアルバイトの採用面接に限らず、笑顔というのは相手に高印象をあたえるものですから上手に笑顔を作れるとプラスになります。

笑顔は大きな武器になることもある

アルバイトの採用面接でにこにこしていると不真面目な人間だと思われてしまうのではと考えてしまうこともあるかもしれませんが、基本的にはこのような場では相手のコミュニケーション能力を見ている部分がありますから、仏頂面をしている人間よりも笑顔で対応をすることができる人間の方が余程好感を持たれるものとなっていますから、笑顔を心がけたほうが採用はされやすくなるといえます。
笑ってはいけないような場面で笑ってしまったり、真剣な表情をした方がいい場面で不自然に笑顔だとすると相手に不信感を与えてしまったりするものですが、そうでないのであれば笑顔でいてマイナスになるようなことはありませんから、硬い表情のまま面接を受けるよりはにこにこして面接を受けたほうが採用されやすくなります。

表情にもメリハリをつけることが大事

笑顔で対応をするというのは悪いことではなく、むしろそちらのほうが相手に高評価をしてもらいやすいものですが常に笑顔というのも相手に何を考えているのかわからない印象を与えてしまうことにつながりやすいので、質問の内容によっては真剣な表情と使い分けるとより効果的なものとなります。
笑顔での対応が基本と言っても、全てが全てにこにこしていればいいというわけではありませんから、笑ってはいけないような場面で笑顔での対応をするというのはプラスにはなりませんから、メリハリをつけることが大切です。
そのため、アルバイトの採用面接では笑顔での対応を基本となりにこにこしていることは悪いものではないのですが、そればかりではなく質問の内容などに応じては真剣な表情を作ったほうが良いでしょう。