アルバイトの採用面接にはどのような格好で行けば良いのか迷ってしまうこともあるでしょうが、基本的には相手に失礼のない格好が無難だといえます。
そのため、どのような服装でも問題ないといえますが無難に行くのであればスーツを着用していくのが安全です。
スーツであれば、相手に失礼になるということがありませんから安全に行くのであればスーツが良いでしょう。
ただし、これは全てが全てに当てはまるわけではなく職種や年齢によって変わってきますから、応募する内容に合わせて変えていくことも大切です。
工場関係や土木関係などの肉体労働系の仕事の場合には、スーツを着用していくよりも派手ではない普段着の方が浮かないというケースもあるので職種によって変えてみることもポイントです。

悩んだ時にはスーツを着ていくのが無難

アルバイトの採用面接に何を着ていけば良いのか悩んだのであれば、スーツを着用していくのが最も無難だといえます。
スーツだと大きくマイナスになってしまいそうな業種であればともかくとして、プラスにはならなくてもマイナスにはならないという場合には、下手に考えるよりも安全な方を選んだほうが良いためです。
他の面接を受けに来た人が普段着で一人だけスーツだと浮いてしまうかもしれませんが、それによってマイナスになるようなことがないのであればスーツを着ていくのは悪いものではありません。
アルバイトの採用面接にスーツを着用していくというのは、それをプラス材料にしてもらうというよりも普段着でいった場合にマイナスにされてしまうのではと不安に思った時に選ぶのが良いでしょう。

派手ではない普段着の方が良い場合

悩んだ時にはスーツを着るのが一番無難な方法だといえますが、職種によっては派手すぎない失礼のない普段着の方が良いこともあります。
例えば工場や建築現場などの肉体労働系などでは、スーツを着て行くと完全に浮いてしまう可能性がありますし力仕事をする場所でスーツを着るということはありませんから、下手にスーツを着て行くとどのような仕事をするのか理解していないのではと判断をされてしまうおそれがあります。
アパレル関連などもスーツで面接に行くのはマイナスになる可能性があり、センスが問われる業種ですから場違いなスーツを着用することになってしまうとセンスがないのではと判断されてしまって不採用になってしまう可能性が高くなってしまうので、アパレルなどは落ち着いた雰囲気の普段着の方が良いこともあるのです。

アルバイト・パート採用は事業の成長の肝となっているはずが、実状はまさにブラックボックス。 リクオプは、ブランドや店舗のファンが応募する採用サイトと、応募情報、応募者対応の漏れやムダを撲滅し採用率を高める管理機能を併せ持つ、 アルバイト・パート採用向けクラウド型採用管理システムです。応募者増加、歩留まり向上、採用業務効率アップ、採用コストダウンを実現し、あらゆる採用課題を解決へ導きます。    アルバイトの採用管理ならおまかせください